結婚式・ウエディングについてのWebサイト「結婚準備は人生で一番大変かも」

まだまだ余裕の式準備

結婚が決まり結婚式会場を選ぶ段階となると、女性は結婚情報誌を片手にワクワクしてしまい、毎日忙しいながらも充実した日々となります。しかしこの頃から少しずつ彼との意見の食い違いなどが出てくるため、早い段階でマリッジブルーにかかってしまう女性もいます。特に式場選びは情報集めやらブライダルフェアの予約を行わなくてはならず、男性にとってはさほど興味がないと思っている人が多いことからも、このような準備を女性が全て引き受けることとなるケースが多いです。そして結婚式場を最終的に決める段階になってもなんだか男性側は面倒くさそうという雰囲気がでてしまい、そしてケンカをしてしまうというパターンは、どのカップルにも多かれ少なかれ起こることです。女性の結婚式に対する熱と男性の熱との温度差がこのようなケンカを引き起こす原因となるため、夫婦になるための試練と考えてじっくりと話し合いをしましょう。

このページの先頭へ

式準備も中盤

ブライダル式場が決まると、大体本番当日の四か月ほど前から本格的なプランナーさんとの打ち合わせがはじまります。まず最初に行わなくてはならないことが招待ゲストの洗いだしであり、これがまた揉める原因の一つでもあります。ゲストの人数を両家合わせるといったことから、なかには両家の両親が出てきて誰を呼ぶだの呼ばないだのと色々と言われることとなり、二人だけではなく周囲の人との調整を図らなくてはならないことが多くでてくるため、精神的な疲労感がどっと出るのもこの時期だと結婚式経験者は口にします。

このページの先頭へ

式準備の最終調整

引き出物や料理といった物の準備も一通り終了し、最終確認に入るのが一カ月前なのですが、実はこの最終確認の段階になっても「受付の依頼を忘れていた」といった細かな忘れ物がみなさん出てきます。数カ月ものの間、仕事と式の準備に追われるカップルも多く、この段階になると精神的な疲労感よりも物理的な忙しさによって結婚式を面倒くさいと思うほどとなりますが、このような大変な思いをしてまで挙げた結婚式だからこそ、その思い出は一生ものとなるのです。

このページの先頭へ